独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業

2020年度 孤立し引き籠りになりがちな養育困難家庭の子どもを社会で育てる事業

助成決定をいただき、心より感謝申し上げます。助成金は、以下のとおり活用させていただいております。

 

活動内容の詳細は、「不登校の子どもの居場所」のページをご覧ください。

事業概要

◆不登校の子ども達が、家庭に引き籠らずに、地域の中で社会体験を積み、いろいろな大人と出会え、生きる力を養う場作りを目的に、不登校の居場所を運営する事業及び運営するスタッフの育成とスキルアップを図る研修を行う

不登校を経験した高校生や引き籠りがちな成人の利用もあり、若者自立支援を目的に、他団体のネットワークを強化する

不登校の子どもがいる家庭の閉塞感を打開する為に親同士をつなげる事を目的に親の会を開催すると共に親父の会を立ち上げる

 

◆医療的ケアが必要な子どもがいる親の孤立を防ぐことを目的に、親子・兄弟姉妹をつなぎ、兄弟姉妹のケアや親のネットワークを作る

目的と活動内容

1.「スタッフの育成講座」

目的:不登校の居場所スタッフを育成する

活動内容:外部専門家による研修会及び事例検討会等

2.「ネットワーク強化事業」

目的:不登校や引き籠りの子どもがいる家庭、それらの経験者、学校関係者、地域の支援者、専門家をつなげる

活動内容:オープン型のミーテング「そらカフェ」を運営する

3.「親父の会事業」&「親の会」

目的:不登校や引き籠りの子どもがいる家族の孤立や閉塞感を最小限にし、親のネットワークを強化

活動内容:グループワークにて、親同士が情報交換をしたり交流を図る

4.「不登校児の居場所の運営」

目的:不登校の子ども達に、様々な体験を通して、生きる力を養う場と機会を提供する

活動内容:居場所の運営・社会科見学・身体を動かそう・アートに触れる・クッキング・学習支援等

5.「不登校児や引き籠りの方がいる家庭への訪問」

目的:不登校児や引き籠りがちの若者の家庭へ直接訪問し、登校や社会参画に向けて支援する

活動内容:居場所や自立に向けた情報提供、外出の機会の提供等

6.医療的ケアが必要なお子さんを家庭で育てている親のネットワーク作り事業

目的:医療的ケアが必要な子どもがいる親の孤立を防ぐ

活動内容:自由に集えるサロンの運営・親や兄弟のネットワーク作り・音楽療法を取り入れたグループワークの開催